ホーム > ミュージアム > 半世紀へのエントランス

半世紀へのエントランス ライブレポート

Mr.Children 30th Anniversary Tour 福岡

2022年4月24日 福岡PayPayドーム

 福岡2日目は快晴。昨日の肌寒さとは打って変わって暑いです。

開演前の福岡PayPayドーム2日目

 今日はナカケイさん側の注釈付スタンド席。ステージ真横です。ステージ横は好きだけど、Jenさんが隠れて見えないこともあるので、ヒデヤーにはなかなか博打席です。今回は通常のモニターの他に、細長いモニターがステージ横に付けられていたと思います。それがJenさんの胴体部分に重なりジャマでしたが、演奏中の少し前傾姿勢だと手元も顔も見えたので運が良かったです。ステージサイド向けのモニターはないので、映像演出はほぼ見えません。

 会場が明るいままストリングスアレンジの「優しい歌」が流れ始める。すぐに手拍子が始まったけど「優しい歌」のボリュームがじょじょに大きくなっているようでよく聞こえました。スピーカーが近いせいか、調整されたのか。

 オープニングが始まり、閉じられた壁によりドラムセットは見えなくなるのですが、あれ、横の骨組みの隙間から中が見える?

01. Brand new planet

 桜井さんが歌い始めた時、正面からJenさんの姿はまだ確認できないと思うのですが、横の隙間からJenさんが右手を挙げている様子が見えました! まだご開帳してないのに、すでにそのパフォーマンスだったなんて、感動! 何よりこの事実を伝えたくて今日のレポートを書くことにしました。 ワン、トゥー、スリー、フォー!

 ご開帳。かろうじて見えるモニターで確認したところ、Jenさんは白Tシャツ。白ジャケットは着ず!(笑)今日は暑いですもんね。

02. 箒星

 初日のMCでセットリストを毎回変えると言っていましたが、早くも昨日と違う曲きました! Jenさんにかぶっていたセットの骨組みが間奏で引っ込み始めると、口開けて吐きそうなJenさんのお顔が登場。歓喜!(笑)

 桜井さん水分補給、ナカケイさんベース交換がよく見える。

03. 海にて、心は裸になりたがる

 ナカケイさんの「オー!オー!」、今夜はキマッてました!

タンタンタドタド♪ 昨日と同じつなぎのように思いましたが、、、

04. シーソーゲーム

 そうきたかー! ギターがめっちゃ聴こえます。Jenさん、ラスサビ直前はスティックでナカケイの方を指す。最後に「勇敢な恋のう〜、た〜♪た〜♪」と「た」を2回言うてました。

暗転。スネア交換、汗拭く。

【MC】 予想してた以上に暑いけど、気持ちいです!
今回のライブに向けてたくさん選曲したけど、時間的に全部やるのは無理なので毎回セットリスト変える。すでに2曲昨日と違います。

05. Over

 え、この調子だと想像以上にセトリ変えてくるのでは? そんなわがままセトリに対応してくれるなんて、サニーさんMVPやん。「サニーさんじゃなきゃ、そうサニーさんじゃなきゃ♪」ですよ。曲の終わり、Jenさんに目配せしながらしめるサニやん。

スネア交換

06. Any

 ナカケイさんを見ると黒いシャツを腕まくりで着ていた。昨日はTシャツの記憶しかなかったので色気を感じる。基本背中しか見えないけど。桜井さんはラスサビで歌詞が飛ぶ。

 曲が終わり、Jenさん黒Tシャツにお着替え。補助スタッフ2人はいたけど、着替えたあとスタッフに向けてサムズアップ。

【MC】 今からもっと近くで演奏する。昨日よりセッティングが速い、みたいな話。
サブステージへ移動するJenさんは、スロープ途中でモリモリダンスを初めて会場手拍子。それを後ろで待つサニーさん、ありがとうございます。(笑)

 ドラムセットは黒で、ヘッドがクリアイエロー、イスはロックンソックのようですが座面が青。右手のクラッシュが大きく見えたけどロゴまでは見えず、鑑定待ち。イスタンブールやったら教えてください。スネアはフォニックかな?
 Jenさんはモリモリふざけすぎたせいか、腰につけていたイヤモニ本体が外れたようで、中腰で付け直してもらってました。
桜井さんから「ジェーンは声出さなくても動きで盛り上げられるんだね」みたいなことを言われる。ジェーンて言うた!(笑)

07. くるみ

 

【MC】
桜「そうそう、この曲福岡で生まれたんだった」

08. Drawing

ここも変えて来ました。ええ曲。

会場に無数の星がきらめくような映像。

09. タガタメ

 ベース側なせいか、ベースがグイングイン効いてて良かったです。Jenさんは、ラストの立ち上がりドラミング終わってそのまま後ろで着替え。

10. Documentary film

スネア交換

11. DANCING SHOES

 またセットの骨組みが前にせり出してきてJenさん見えず…。注釈付きなので文句は言うまい。

12. ロックンロールは生きている

 ここも変わりました。最初の歌い出し「おまえだけ〜のステ〜♪」でためがあってからの「ワントゥースリーフォー!」Jenカウント。ナカケイさんは手を挙げる。
 桜井さんはソロ前でシャウト。間奏でボルケーノ始動! なるほど、この曲には炎の演出合ってると思います。が、横から見ると炎越しの英哉がおもしろい(笑) 炎のむこう、陽炎に揺れる鈴木英哉! バックドラフト感ありました。

13. ニシエヒガシエ

 おぉ、続けて変えてきました。ギターのリフからのJenカウントが良い。サニーさんがNordを使うため、完全にJenさんの方を向いて演奏。手前にあるドラム用の集音マイクか何かがちょうどサニーさんの目を隠しててポリシックスみたいになってました。(笑)

14. Worlds end

 今夜も最後にファルセットで誘う(いざなう)桜井さん。

スネア交換

15. 永遠

暗転。桜井さん吸引、初日より短い。

16. others

スネア交換

17. Tomorrow never knows

スネア交換。

18. ファンファーレ

 イントロ(?)で桜井さん巻き舌でルフィィィィヤ!!!!みたいな雄叫びあげてました。2番あたりでふと見ると、かみてサイドにいた桜井さんが両手を腰のあたりで小さくお手振りしていました。

 あざとい!!!

 俺かわいいだろって顔してはりました。あとでアリーナにいた友人に聞いたら射抜かれたとのことです。あざとい!!!

次曲へつながるスネアの連打。

19. エソラ

 田原さんが上手にくる。イントロ終わって一礼。

スネア交換

20. Gift

「今日もイメージ、いつもイメージしながら〜♪」

 曲が終わって、立ち上がって「ありがとー!」と手を振るJenさん。最後に両手で投げキッス♡して帰られました。

本編終了
【アンコール】

21. Your song

 桜井さんひとりで弾き語り。

 曲終わり、Mr.Children、サニーさんを呼び込んで紹介。

ずっと一緒にやってくれてる、キーボード&ヴォーカル、サニー!

ドラムス、鈴木英哉。
「やっと会えたね♡」
今回支えてくれているスタッフの皆さんに感謝しています。皆さんがいなければ私たちは何もできません! そしてここにはいないけど、これまで関わってくださった皆様にもありがとうございます。厚い拍手をお願いします! そして何より!You!ジャニーさんか。みなさんがいなければ私たちはここにいません! これからもよろしく!

 というようなロングメッセージを頂戴しました。昨日の感じも好きでしたけど、反省したのかダメ出しされたのか。(笑) ちょっと照れ隠ししながらもステキなお言葉ありがとうございます。

ベース、中川敬輔。
「こんばんは」
92年5月10日にデビューしてから、その後すぐに初めてのツアーに出て、、、

 言わんとすることはわかりましたが、私がうまく文章にできなくてごめんなさい。昨日が福岡ローカルな話だったせいか、今回はどこでも話せる内容に変更されたのだと思います。おそらく「新しい扉」をキーワードにまとめたかったのでしょうけど、2回目の「新しい扉」が出てきたあたりからちょっと迷走し始めて、これちゃんと着地できるのかなと心配になる。(笑) 無事着地するまで、桜井さんはすごいニヤニヤしてました。でも一生懸命なナカケイさん好きです!

ギター、田原健一。
「ンフッ」

まさかの“ンフ”から始まりました。嬉しい。(笑)

「こんばんは、ギターの田原健一です」
初日と同じで、演奏していたらみんながキラキラ輝いててとてもキレイです。これからもよろしくというような話。「キラキラ」のハンドサインが「キラッ」くらいの一瞬に短くなるが、2回されてました。

22. 生きろ

 強く壮大な曲。ライブならでは、Jenさんの左手挙げながらのドラムプレイに注目です。

 最後の曲が終わり、私は新幹線の時間が迫っていたためダッシュで会場をあとにさせていただきました。Mr.Childrenの皆様、本日も最高にハッピーなひとときを有難うございました! ツアー最後まで無事に追えられることを祈りつつ、ごきげんよう。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

鈴乃じぇん餅
▲おひさ鈴掛さんの鈴乃じぇん餅(鈴乃○餅)

(そういえば、桜井さんが「ペイペーイ!」と叫ばれたんだと思うのですが「パ」に聞こえるので注意です。笑)

2022.5.3 みすちび

本日のセットリスト

  • 01. Brand new planet
  • 02. 箒星
  • 03. 海にて、心は裸になりたがる
  • 04. シーソーゲーム
  • 05. Over
  • 06. Any
  • 07. くるみ
  • 08. Drawing
  • 09. タガタメ
  • 10. Documentary film
  • 11. DANCING SHOES
  • 12. ロックンロールは生きている
  • 13. ニシエヒガシエ
  • 14. Worlds end
  • 15. 永遠
  • 16. others
  • 17. Tomorrow never knows
  • 18. ファンファーレ
  • 19. エソラ
  • 20. Gift
  • 21. Your song
  • 22. 生きろ

≫ 4/23福岡初日レポート

ミュージアムに戻るスケジュール一覧へ

ページの先頭へ戻る